高田屋の主張

rss
次へ>>

高田屋 利益の社会還元[高田屋の主張]

投稿日時:2008/09/28(日) 15:52

高田屋が本店とした箱館及びその周辺での実例の簡略紹介です。

<> 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

 

開墾 

 

郷里から農民を箱館に入植させた。

町が大きくなるには食料の増産が必要と考え土地の開墾を考えた。

養殖

 

淡路・兵庫からハマグリ・蜆の稚貝を運び、箱館港へ投入養殖。

コイ・フナ・ウナギなどを近隣の池沼に放した。

埋立て

 

箱館港中に埋立て島を造り、造船所を建設。

市中の低湿地五万坪を埋立て、箱館の発展を促す。

植林 箱館山及び近郊に松、杉を相当数植林。 
窮民救済 

 

1806年

箱館大火

 

 

本店の焼失にもかかわらず、類焼の窮民へ銭・米・古着などを与え

長屋を建てて入居させ、大阪から日用品を大量に運び元値で販売。

銭の無い人には年賦で放出

 

翌年、大阪より井戸掘り職人を呼び寄せ、九箇所で井戸を掘らせて公共へ寄付。

消火用の手押しポンプも各町へ寄付。

備米

 

九戸の蔵を設け、越後・秋田・津軽地方で米価が下がると買取貯蔵。

米価が高騰したときに安く放出して急場を凌がせる。

場合によっては元値販売・施米をした。

失業対策 亀石 不況時に箱館近海の巨石を窮民に運ばせて米銭を与える。
商況安定策    富の配分 漁業用品などを複数の商家から購入して富の分配を考えた。
利益配分 請負場所では従業員に利益配分を実施。
厳正な検品

 

厳正・厳密に検品をして等級分けを行い、高田屋の商標は検品なしで取引された。

択捉・根室・幌泉の請負場所の収穫物は箱館本店で再検品・荷造りを行い出荷。

漁法の改良 高田屋轆轤を考案・普及させる。
人材登用

 

播磨から名大工の工楽松右衛門を連れてきて官に紹介。

択捉島アリモイ港の改修、箱館港の改良を行う。

船大工、家大工、菓子職人なども本州から呼び寄せた。

道路改修 松前街道・周辺村落への道路改修などをすべて自費で行った。
金融

 

金融業ではなく、窮民・一方的な無心に返るあてのない銭を貸した。

松前の武士、寺など、道南のあちこちに現存している。

高田屋の経営思想[高田屋の主張]

投稿日時:2008/09/28(日) 13:48

約200年前であったことを念頭に置いてお読みください。

「高田屋」という法人で、嘉兵衛は代表取締役として活動していました。

(実子を廃嫡し、高田屋を私物化しませんでした)

 

◆経営規模は日本最大ではないかと考えられます。

1833年の幕府による没収財産は、各説あるものの現在に換算すると

数兆円~数十兆円と言われるほどの莫大な財産でした。

 

◆日本の資本主義の元祖であり、マルクス・ケインズ以前にその中庸を執った経済活動を実践。

当時は米が日本経済の基本であり、富豪は田畑を持つことが当然の時代に

店舗、倉庫、住居以外の不動産を取得せず、資本をすべて商品、船舶に投資。

資本の回転効率を計り、幾何級数的に増大、さらにその資本を独占せずに社会還元させて

一層の企業繁栄を図った。

 

 ■ 業務内容
銀行業務 

 

預金業務

為替業務

貸金業務・年賦

 

様々な所から百両、千両単位で預かり金を受けていた。

現在の為替手形と同様の為替手形を発行していた。

年賦は貧民救済のため、取立ては行わなかった。 

運送業務

 

一般運送

兵員輸送

代理運行

 

当時の大量輸送の手段は船しかない時代に大量の船舶を保有

東北各藩兵を北方防備のため蝦夷へ輸送

幕府の官船の運航も一手に引き受けていた

造船業務

 

自社船の造船

官船の造船

船匠の養成

 

当時の重工業である千石積以上の造船所を作る

幕府の官船の造船も一手に引き受ける

日本人による初の洋式船「函館丸」を作った続豊治を輩出

商社業務

 

自社船団で各地で物資の買入れと販売をしており

特に一大消費地江戸への物資供給は莫大なものだった。

漁業

北洋漁業の元祖、漁業だけではなく流通も押さえていた為に

その収益は膨大なものだった。

倉庫業務 自社倉庫を多数建設し、現代の保税上屋業を行っていた。
   

 

金銀相場の船による早い情報網、現物輸送を利しての差益など

現在の大銀行・鉄道・トラック輸送・大商社・重工業・商品取引の大手数社分に加え

政府事業も委託されていたマンモス企業だった。

 

■経営の特徴
安全運行管理 高田屋の船の難破記録は見当たらず、損害保険の無い時代に莫大な利益を輩出。
品質管理 多くの等級を設け、量目を明示して厳正に管理を行った。
ブランドの確立

 

品質管理の厳正な高田屋の山高印は日本中に検品無しで流通。

200年前としては大変な信用だった。

技術革新

 

有視界航法の時代に沖走り航法の確立。

三陸海岸に打ち寄せられる危険が無く、東廻り航法の基礎となる。

従来の北前船の江戸-松前 日本海航路に比べ飛躍的な短縮。

流通革命 沖走り航法による東廻り航法の効率UPからくる利益は莫大であった。
開発

 

函館から北海道東側を通り、根室、エトロフに至る安全な航路を開拓し

たくさんの場所が誕生し、その多くが現在の市町村として残っている。

●北方領土を1800年より日本領として確立したこと

●函館、根室が現在も市として残っていることの基礎

いずれも高田屋が作ったと言って過言ではない。

 

人事管理

福利厚生

 

・賃金台帳の整理、帳簿・事務取扱規程の明確化により賃金の不公正を排除

・離島、僻地への医師の常駐

・アイヌと和人の待遇を同等とした

以上の施策により、高田屋の場所には良質な労働力が集中

一方収奪の激しい松前場所は人手不足で事業が頓挫。

利益の社会還元

 

高田屋管理の拠点では、場所繁栄のため

自己扱い高の半分を和人・アイヌ・自己使用人・その他区別無く配分。

そのため多数の人が集まり、函館・根室などの都市ができ、労働力の確保

江戸の帰り船で積んだ日用品の販売のための内需拡大が可能となった。

 

また、公共インフラの整備、失業対策事業、窮民救済を無償で行い

「適切な企業の社会奉仕はより一層の利益となり企業に還元される」という

大きな近代経営の思想をもった経営だった。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

1833年 高田屋闕所 その背景を考える[高田屋の主張]

投稿日時:2008/09/27(土) 13:23

【高田屋闕所 その背景とは】

その理由を簡潔に表現すると

「現代にあっても大変進歩的な経営思想であったため、協力者であった幕府が恐れた」

 

『進歩的な経営思想』については、次回以降に詳しく解説していきますが

「利益の社会還元」がその大きな特徴の一つとして挙げられるでしょう。

「適切な企業の社会奉仕はより一層の利益となり企業に還元される」という概念です。

 

その時の社会情勢は、年表などを年号で何が起きたか?だけを見てしまうと見えては来ません。

改革・事件などはピンポンイトで見ずに、ある事柄が起きた原因は、

「その以前から続いていた問題がその膿が充満して堪えきらなくなったときに爆発して起きた」

と考えると見えてきます。

 

当時の社会情勢は、次の3点に要約されるでしょう。

・松平定信の寛政の改革による重農主義・鎖国主義の強化政策の膿が相当溜まった時代。

・天保の飢饉、極端な重農主義により、幕府財政が相当疲弊した状態。

・その後まもなく「大塩の乱」が発生したように、政策に対する不満が非常に高まっていた時期。

 

高田屋の価値観と幕府が相容れないのはどのような所か考察します。

 

●場所繁栄のため、扱い高の半分を和人、アイヌ、使用人、一般人の別なく配分

松前藩のアイヌからの過酷な収奪とは全く異なり、アイヌの尊厳を守る嘉兵衛の思想は

和人国家、身分制度を政策の基盤とする幕府の思想とは相容れないものだったでしょう。

 

●現代の法人に通じる概念

高田屋のため私情を排し長男を廃嫡、実力主義で弟金兵衛生に跡を継がせた思想は

幕府の家督相続の基本方針とは全く異なるものです。

 

●新しい国家感

ゴローニン事件解決の際の嘉兵衛の「国益」の概念は、

為政者である幕府にとっては「幕益」と異なる危険な思想と考えた者もいたはずです。

 

●近代経営による強大な資金力

・高田屋の繁栄に比例して衰退する松前場所は当然高田屋を潰すチャンスを狙っていたでしょう

・無策で疲弊した幕府財政は、高田屋の膨大な資金の収奪は非常に魅力的だったはずです。

・維新の萌芽は芽生えていたはずで、高田屋の資金力とこれが結んだときの驚異も考えたでしょう。

・同様に高田屋の資金力とロシアとの結びつきの危険も考えたはずです。

 

■幕益至上主義の幕府

■公益・国益を根幹とする高田屋の思想

幕府は高田屋を幕益に対する脅威と判断した結果起こった事件だったのです。

尚、維新直後の1869年、明治政府は高田屋無罪を認定しますが

維新政府の財政危機、政権の安定が確立していない状態であったこともあったでしょうが

冤罪で国庫に没収された財産の返還は未だに1銭も為されていません。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

1833年 高田屋闕所[高田屋の主張]

投稿日時:2008/09/14(日) 10:27

嘉兵衛没後、2代目金兵衛になった高田屋は

●旗合わせ

●密貿易

以上の嫌疑により

1832年 松前藩の取調べを受け

1833年 幕府評定所で闕所(全財産没収)となりました。

 

【密貿易】

ロシア船との密貿易の疑いがかけられましたが、

審問の末その事実は認められませんでした。

 

【旗合わせ】

高田屋の傭船(高田屋が借り上げた他者の船)が北洋でロシア船と出会った際

山高印の屋号を掲げ、無事通過したことを幕府に報告しなかったとの罪。

取調べの結果、全乗組員中その事実が認められたのは、

傭船の船頭ただ一人との記録が残っています。

 

要するに「旗合わせ」⇒鎖国法の拡大解釈により闕所となりましたが

冤罪であったことは明白です。

(1869年無罪確定するも没収財産の返還は未だに無い)

 

今はやりの「国策捜査」の典型と言えるもので

幕閣は、上記2点の罪で松前藩に起訴をさせて、

取調べで事実が出なかったのにもかかわらず闕所として高田屋を潰しました。

 

その理由は何故なのか?

 

次回以降で解説していきます。

 


 

★独り言★

属に言う鈴木宗男衆議院議員事件の際、

「ムネオフラッグを掲げた船はロシアに拿捕されなかった」

と報道がされていましたが、当事その関係の仕事を実際に行っていた弟子がいるので

そのような事実は全く無かったことをよくわかっています。

「ムネオフラッグ」などの発想は、高田屋の旗合わせ事件から得た発想なのは明白、

一般的ではない高田屋の歴史についての知識を持ち合わせていた人物を考えると

かのデマゴーグの発信元は、マスコミ関係者ではなく、ある機関なのが容易に考察できます。

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

高田屋と北方領土[高田屋の主張]

投稿日時:2008/09/11(木) 13:03

今後も、昨日(9/10)の「2枚の地図」のように、

北方領土についての話題を取り上げる事もあると思います。

 

その理由は、国内外からの一般的な評価は

『高田屋嘉兵衛=日露外交の先駆者であり、公共事業も数多く手がけた大商人』

 

ご存知の通り、重要な側面は

『こんにちの北方領土周辺は、高田屋が開発した、高田屋のテリトリーだった』

と言う事実です。

 

年号

 

 嘉兵衛の軌跡

 

 備考

1798  

 

近藤重蔵、最上徳内

エトロフ島に「大日本恵登呂府」の標柱を立てる

1799

 

幕府役人近藤重蔵の委託を受け

クナシリ-エトロフ島の航路を開く

 
1800 エトロフ島17ヶ所に漁場を開く  
1801 ウルップ島などの幕府巡察に従う  
1802 エトロフ島アリモイに築港  
1810 幕府からエトロフ場所の請負拝命  

 

ソ連時代から、数回ロシアに招かれて訪問しておりますが、彼らの認識は

高田屋嘉兵衛⇒日露外交の先駆者、大商人

 

高田屋嘉兵衛=領土問題の元祖

このことは知らなかった方が多いようです。

 

1991年 ソ連の日刊「太平洋の星」I.ゴルバチェンコ氏が

函館の北方歴史資料館を取材した記事の一部を掲載します。


 ここでは、たくさんのことを考える。ただひとつの想いだけがこびりついている。

「彼の記念像があるのは、きわめて正当なことだ。

これは、日本の商人と2人のロシア人航海者の3人の人間的な運命の資料館なのだ。

彼らは、その子孫たちが、自分たちがいなくなった後で、

お互いの間に『北方領土』のカベを数十年を重ねてこしらえるとは思いもよらなかった。

正しき者に神意あれ・・・・・」。

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

次へ>>

<< 2008年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

高田屋嘉兵衛関連書籍

2008年9月