高田屋の主張

rss
次へ>>

2009年夏 カムチャツカツアー「嘉兵衛の軌跡を訪ねて」[高田屋の主張]

投稿日時:2008/12/30(火) 14:08

具体的な募集内容・日程等は正式に決まっていませんが、2009年夏 

●日露初の外交交渉である嘉兵衛・リコルドとの会談の舞台、

●嘉兵衛幽囚の地

ペトロパブロフスクカムチャツキーへのツアーを企画中です。

【アドバイザー】

社団法人北方歴史研究協会

登録博物館 北方歴史資料館

 

【旅行手配】

株式会社ジャパン・エアー・トラベルマーケティング

ロシアビザセンター

 

【現地調査】

CONSULTANT.RU,LLC

 

【特別ゲスト】

高田嘉七(高田屋七代目)

 

嘉兵衛ゆかりの地歴訪は勿論のこと、

ナリチェボ公園内の嘉兵衛、ゴローニン、リコルドと命名された山々のヘリコプター見学

また、温泉、登山、美しい自然を楽しむことが出来る絶好の季節です。

 

詳細が決定しだい逐次ご報告いたします。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

高田屋嘉兵衛のすべて[高田屋の主張]

投稿日時:2008/10/26(日) 12:51

「高田屋嘉兵衛のすべて」

編者:須藤隆仙・好川之範 

発行:新人物往来社

第1刷が発行されました。

高田屋七代目 高田嘉七も執筆しています。

●高田屋嘉兵衛の出自と系譜  高田嘉七

●高田屋嘉兵衛は幕府の外交密使か 高田嘉七

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

カムチャツカ 「カヘエ岩」[高田屋の主張]

投稿日時:2008/10/18(土) 14:45

ロシア カムチャツカ州 ナリチェボ国立公園内

北緯53.34.50

東経158.45.23

標高1,054m

ゴローニン副艦長、リコルド艦長 生誕230周年

高田屋嘉兵衛 生誕235周年を記念して

2006年8月22日付でナリチェボ国立公園内の無名の山に3人の名前が付けられました。

上がナリチェボ国立公園が命名を決定した書類です。

カヘエ崖は、ゴローニン山の岩の突起部分です。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

唱歌「高田屋嘉兵衛」[高田屋の主張]

投稿日時:2008/10/11(土) 16:56

高田屋嘉兵衛 唱歌

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

高田屋 利益の社会還元[高田屋の主張]

投稿日時:2008/09/28(日) 15:52

高田屋が本店とした箱館及びその周辺での実例の簡略紹介です。

<> 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

 

開墾 

 

郷里から農民を箱館に入植させた。

町が大きくなるには食料の増産が必要と考え土地の開墾を考えた。

養殖

 

淡路・兵庫からハマグリ・蜆の稚貝を運び、箱館港へ投入養殖。

コイ・フナ・ウナギなどを近隣の池沼に放した。

埋立て

 

箱館港中に埋立て島を造り、造船所を建設。

市中の低湿地五万坪を埋立て、箱館の発展を促す。

植林 箱館山及び近郊に松、杉を相当数植林。 
窮民救済 

 

1806年

箱館大火

 

 

本店の焼失にもかかわらず、類焼の窮民へ銭・米・古着などを与え

長屋を建てて入居させ、大阪から日用品を大量に運び元値で販売。

銭の無い人には年賦で放出

 

翌年、大阪より井戸掘り職人を呼び寄せ、九箇所で井戸を掘らせて公共へ寄付。

消火用の手押しポンプも各町へ寄付。

備米

 

九戸の蔵を設け、越後・秋田・津軽地方で米価が下がると買取貯蔵。

米価が高騰したときに安く放出して急場を凌がせる。

場合によっては元値販売・施米をした。

失業対策 亀石 不況時に箱館近海の巨石を窮民に運ばせて米銭を与える。
商況安定策    富の配分 漁業用品などを複数の商家から購入して富の分配を考えた。
利益配分 請負場所では従業員に利益配分を実施。
厳正な検品

 

厳正・厳密に検品をして等級分けを行い、高田屋の商標は検品なしで取引された。

択捉・根室・幌泉の請負場所の収穫物は箱館本店で再検品・荷造りを行い出荷。

漁法の改良 高田屋轆轤を考案・普及させる。
人材登用

 

播磨から名大工の工楽松右衛門を連れてきて官に紹介。

択捉島アリモイ港の改修、箱館港の改良を行う。

船大工、家大工、菓子職人なども本州から呼び寄せた。

道路改修 松前街道・周辺村落への道路改修などをすべて自費で行った。
金融

 

金融業ではなく、窮民・一方的な無心に返るあてのない銭を貸した。

松前の武士、寺など、道南のあちこちに現存している。

次へ>>