キーワード一覧

高田篤太郎 [タカダトクタロウ]
高田屋四代目

高田義之助 [タカダヨシノスケ]
高田屋五代目

クロンシュタット市 [クロンシュタットシ]
サンクトペテルブルグを守る海の要塞として発展。クロンシュタット港からゴロウニン・リコルドを乗せたディアナ号が出航。2001年7月五色町と姉妹都市を締結。

高田嘉十郎 [タカダカジュウロウ]
高田屋嘉兵衛実弟(六男)。

高田源左衛門 [タカダゲンザエモン]
嘉兵衛弟(次男)嘉蔵の実子。嘉市と名乗っていたが、父の兄弟で四男金兵衛の養子となり、源左衛門に改名。二代目金兵衛長男。高田屋三代目。

アナトリー・チホツキー [アナトリー・チホツキー]
ディアナ号副艦長リコルド6代目子孫。1999年クロンシュタット市長の五色町長宛の親書を持って来日。高田嘉七と劇的な再会を果たす。

高田屋顕彰館・歴史資料館(菜の花ホール) [タカダヤケンショウカン]
〒656-1301兵庫県津名郡五色町都志1087高田屋嘉兵衛公園内TEL:(0799)33-0354FAX:(0799)33-1605

高田屋嘉兵衛翁記念館 [タカダヤカヘイキネンカン]
〒656-1301兵庫県津名郡五色町都志241TEL:(0799)33-0464

日ソ共同声明 [ニッソキョウドウセイメイ]
1973年10月10日モスクワで発表された声明会談記名者田中総理大臣大平外務大臣L.I.ブレジネフ・ソ連邦共産党中央委員会書記長A.N.コスイギン・ソ連邦共産党中央委員会政治局員兼ソ連邦大臣会議議長A.A.グロムイコ・ソ連邦共産党中央委員会政治局員兼ソ連邦外務大臣

北方歴史資料館 [ホッポウレキシシリョウカン]
函館にある高田屋嘉兵衛ほかの資料館。館長 高田嘉七。運営 社団法人北方歴史研究協会。住所 〒040-0065   北海道函館市末広町23-2   TEL(0138)26-0111

ペトロパブロフスクカムチャッキー [ペトロパブロフスクカムチャッキー]
高田屋嘉兵衛が幽囚された街。カムチャツカ半島にありソ連時代は極東最大の戦略原子力潜水艦の基地で外国人立入禁止。1990年9月ペトロパブロフスク開基250年記念シンポジウムに七代目高田屋・高田嘉七が招待を受け出席した。

箱館高田屋嘉兵衛資料館 [ハコダテタカダヤカヘイシリョウカン]
〒040-0053函館市末広町13-22TEL/FAX:(0138)27-5226