高田屋の主張

rss
次へ>>

高田嘉七の名刺[高田屋の主張]

投稿日時:2009/01/28(水) 13:30

高田嘉七の名刺の裏面は、ロシア語で記載されています。

小さいので読みにくいと思います。

 

原稿は次の通り

Действительный член Русского Географического Общества

 

Такада Касити

 

Седьмой потомок великого японского купца Такадая Кахэй,
разрешившего в 1813 году первый дипломатический конфликт
между Японией и Россией - "дело Головнина".

 

Такадая Кахэй (1769-1827)

Видный купец эпохи Эдо; родоначальник японской《народной дипломатии》.
с 1799 года занимался коммерческим освоением акватории островов Итуруп и Кунашир
в 1813 году разрешил конфликт, связанный с "делом Головнина".

 

翻訳いたします。

Действительный член Русского Географического Общества

Geographical Society正会員 (注:サンクトペテルブルグ本部 世界最古の地理学協会)

 

Такада Касити

高田 嘉七

 

Седьмой потомок великого японского купца Такадая Кахэй,
разрешившего в 1813 году первый дипломатический конфликт
между Японией и Россией - "дело Головнина".

私は、1813年日露の最初の外交問題「ゴローニン事件」を解決した

高田屋嘉兵衛の七代目の子孫です。

 

Такадая Кахэй (1769-1827)

Видный купец эпохи Эдо; родоначальник японской《народной дипломатии》.
с 1799 года занимался коммерческим освоением акватории островов Итуруп и Кунашир
в 1813 году разрешил конфликт, связанный с "делом Головнина".

高田屋嘉兵衛(1769-1827年)

江戸時代の大商人で日本初の民間外交を行う。

・1799年から、択捉・国後など南クリル諸島の漁場開発

・1813年、日露外交問題である「ゴローニン事件」を解決

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

第16回 2009年日ロ合同新年会[高田屋の主張]

投稿日時:2009/01/28(水) 13:03

日ロ交流協会http://www.nichiro.org/index.shtmlより

高田嘉七宛に御招待を受け、1月27日日ロ合同新年会に出席いたしました。

 

場所は 在日ロシア連邦大使館

冒頭はM.Mベールイ駐日ロシア大使のご挨拶

 

在日ロシア連邦大使館付属学校児童の歌や踊り

 

O.N リャボフ総領事と高田嘉七との歓談の模様

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

2009年夏 カムチャツカツアー「嘉兵衛の軌跡を訪ねて」[高田屋の主張]

投稿日時:2008/12/30(火) 14:08

具体的な募集内容・日程等は正式に決まっていませんが、2009年夏 

●日露初の外交交渉である嘉兵衛・リコルドとの会談の舞台、

●嘉兵衛幽囚の地

ペトロパブロフスクカムチャツキーへのツアーを企画中です。

【アドバイザー】

社団法人北方歴史研究協会

登録博物館 北方歴史資料館

 

【旅行手配】

株式会社ジャパン・エアー・トラベルマーケティング

ロシアビザセンター

 

【現地調査】

CONSULTANT.RU,LLC

 

【特別ゲスト】

高田嘉七(高田屋七代目)

 

嘉兵衛ゆかりの地歴訪は勿論のこと、

ナリチェボ公園内の嘉兵衛、ゴローニン、リコルドと命名された山々のヘリコプター見学

また、温泉、登山、美しい自然を楽しむことが出来る絶好の季節です。

 

詳細が決定しだい逐次ご報告いたします。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

釣りキチ三平 矢口高雄さん[高田屋の主張]

投稿日時:2008/11/01(土) 16:00

2006年6月19日発行・週間少年マガジン増刊

釣りキチ三平 平成版

三平inカムチャツカ・カヒの秘密

残念ながら現在はもう廃盤になってしまい購入出来ないようです。

 

巻末に矢口高雄氏と高田嘉七の対談が掲載されています。

北の海、北の大地に踊った、豪快な男の夢を語りましょう!

 

この対談では、ある面白いテーマについてお話をしました。

高田屋闕所の真相と高田屋の文書が残っていないのは何故か?

この話を今後触れていきたいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

高田屋嘉兵衛のすべて[高田屋の主張]

投稿日時:2008/10/26(日) 12:51

「高田屋嘉兵衛のすべて」

編者:須藤隆仙・好川之範 

発行:新人物往来社

第1刷が発行されました。

高田屋七代目 高田嘉七も執筆しています。

●高田屋嘉兵衛の出自と系譜  高田嘉七

●高田屋嘉兵衛は幕府の外交密使か 高田嘉七

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

にほんブログ村 歴史ブログへ

次へ>>